spacer spacer spacer
layout layout layout
layout spacer
spacer
法人トップ > 法人の理念・目的 
社会福祉法人 北海道療育園
spacer
トップページ
spacer
法人の基本理念について
定款
法人現況報告
決算報告
個人情報保護
スタッフ募集
広報誌 北の療育
要覧ダウンロード
アクセスマップ
風のギャラリー
地域とのとりくみ
法人の基本理念について
理事長あいさつ基本理念法人役員・評議員
spacer
理事長あいさつ
lyout
spacer spacer spacer
北方より光を 理事長写真
社会福祉法人 北海道療育園
理事長  丸山 静男
 昭和44年、重症心身障害児(者)施設北海道療育園の開設以来、私たちは数多くの事業を行ってきました。
 その基本理念を「福祉施設は社会の共有財産」におき、福祉や医療、看護や介護の実践に、情熱を持って取り組んできました。
 これから始まる新しい時代にむけて、私たちは「福祉の文化化」という新たな目標を加え、心身に障害を持つ人たちが地域や施設において、豊かで文化的な生活が送れるように、これからもさまざまな事業に取り組んでいきたいと思います。
 そして、すべての生命の大切さ、尊さを日々のかかわりの中から学び取り、利用者のみなさんの笑顔をいっぱい引き出せるように努めていきます。
 こうした私たちの想いや働きが全国に広がっていくことを願っています。
spacer
基本理念
lyout
spacer spacer
1. 健康で文化的な施設づくり
2. 利用者が主人公である施設づくり
3. 利用者を中心においた対応のできる職員の養成
4. 利用者と職員の基本的人権がともに守られる施設運営
5. 地域に根ざした施設づくり
5. 「福祉施設は社会の共有財産」を基本とし、健全かつ透明な施設運営
spacer
法人役員・評議員
lyout


名誉顧問 安倍洋子  
 
   
丸山静男  
 
荒井善則  
 
専務理事 松尾彰久 
(法人事務局長)
南雲景正  
 
時仲 
(北海道療育園園長)
樋口信一  
 
誠之助 
(美幌療育病院院長)
齋藤忠義  
 
岡田喜篤  
 
中矢  
 
平元東  
 
山内和裕  
 
沼田進  
 
遠藤  
 
筒井博道  
 
齊藤  
 
橋本和季  
 
中村貴幸  
 
松本道男  
 
西野千郷  
 
坪沼一成  
 
矢萩  
 
事  
 
岩織卯一